合宿免許でかかる平均日数とは

合宿免許でかかる平均日数とは 車を運転するためんは運転免許が必要ですが、一般的な教習所に通うコースを選んだ場合、3カ月以上の期間がかかることになります。
忙しいビジネスマンや学生には、その期間を教習所に通えないという人も多いです。
そんな人にお勧めなのが、がって祝免許という方法です。
これは教習所ちかくにあるホテルなどに滞在をして学科と実技の勉強を集中的におこなうことで、短期間の日数で免許を取得するという方法です。
この合宿免許で実技試験まで合格でききる平均日数は大体2週間くらいです。
この2週間の間、朝から夜までびっしりと実技と学科の勉強を詰め込んでいくのです。
合宿免許のメリットというのはいろいろあります。
まずは集中的に勉強をするので、忘れないということです。
また実技に関しても、しっかりと慣れていけるので、体に覚えさえる期間としては最適といえます。
またホテルと教習所の往復しかないので、充実感を得られるということもあります。
2週間くらいで実技試験まで合格できるのかと不安に思う人もいますが、大体みなさんこの期間で合格できます。
もし最後の実技試験で落ちても、その後の試験で受かる人が多いです。
長い期間教習所にいかないので、春休みとか夏休みの期間を利用して免許を取る人が多いです。

合宿免許は最大どれぐらいの日数がかかる?

合宿免許は最大どれぐらいの日数がかかる? 短期間で自動車免許を取れることが魅力の合宿免許ですが、場合によっては予定よりも日数が掛かることもあります。
通常ではあらかじめ用意されたカリキュラムをこなすことで、ほとんどの人が14日程度で卒業ができます。
特にオートマの人は比較的短い期間で済みやすいですので、長期化する心配がありません。
しかし予期せぬ体調不良や試験での失敗が重なれば、期間を延長して合宿免許に参加し続けなければならなくなります。
極々少数派ではありますが、最大で1ヶ月近く日数が掛かった人もいるのです。
当然延長した分は余分に費用も必要になってきますので、そうなるとせっかくの合宿免許のメリットが台無しになるとも言えるでしょう。
体調のことは仕方がありませんが、規則正しく真面目に勉強をすることが最短での卒業への近道になります。
とはいえ予定されていた期間以上の日数が掛かっても、自動車学校の方が熱心なサポートをしてくれます。
できる限り早く卒業してほしいのは自動車学校側も同じ気持ちですから、ちゃんとカリキュラムを受けていれば最低限の延長期間で済むのです。
ですから最大でも、18日から20日程度での卒業と考えておくといいでしょう。
延長自体はよくある話ですし恥ずかしいことでもありませんので、肩の力を抜いて落ち着いて臨むのが理想的です。

オススメの運転免許関連リンク

きっちりと身につく教習コースのドライビングスクールです。

運転免許 千葉

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>